1. トップページ
  2. 金融会社の詳細情報
  3. みずほ銀行カードローンの詳細情報

みずほ銀行カードローンの詳細情報

みずほ銀行カードローン
金利 限度額 主婦 専業主婦 オススメ度
4.0%~14.0% 最大1,000万円 × ★★★★

サービスの質では業界トップクラス!口座が必要なのがネック

金利の低さ、限度額の高さ、知名度などにおいて抜群のクオリティを誇っているのがみずほ銀行カードローンです。借入額が200万円なら収入証明書が不要なのも嬉しいところ。ただし、お金を借りるには口座開設が不可欠なため、口座を持っていない人は即日キャッシングは不可能。また口座を持っていても審査~契約までには1~3日ほどの時間がかかります。ですので、急ぎで借りる人には向いてません。時間がかかっても低金利の銀行を選びたい人にオススメです。

【アリサの意見】ハイスペックなのは間違いないが、急ぎには向いていない

みずほ銀行は全ての面においてハイスペック。

金利は4.0~14.0%、限度額は最大1,000万円。
他の銀行と比較しても、かなり優秀なサービス内容と言えます。

ただし、その日中にお金を借りるのは難しいです。

一応、みずほ銀行のホームページでは以下のように書かれています。
みずほ銀行のHP

このように書かれていますが、これは既にみずほ銀行の口座を持っていることが条件。

そのため持っていない場合は口座開設から始めないといけないので、
最低でも1~2週間ほどの時間がかかると考えた方が良いです。

直接、銀行の店舗や支店に行けば、早めに口座を開設することもできますが、
それでもキャッシュカードを手に入れるには1週間はかかります。

そのため、既に口座を持っている人であれば可能性はありますが、
そうでない人は100%不可能だと考えておくべきです。

ちなみに口座を持っていると100%即日キャッシングが可能か?
というと、正直それも怪しい部分はあります。

銀行の審査は厳しく、時間がかかるのは業界の鉄則。
そのため急ぎで借りたいのであれば、消費者金融を選ぶ方が賢いです。

200万円以下の借入なら収入証明書は不要

みずほ銀行の使いやすい点としては、総量規制の対象外であることでしょう。

総量規制の影響がある消費者金融だと年収の1/3までしか借りられませんが、
対象外の銀行であれば、この制限は関係ありません。

さらに、みずほ銀行であれば200万円までなら収入証明書の提出は、原則不要。

総量規制だと100万円以上の借入で、必ず収入証明書を提出しなければ
いけないことを考えると、余計な手間をかけずにスムーズに契約まで進めます。

ちなみに原則と書いたのは、既に他の会社から借入がある人が、虚偽申告の可能性がある人は、
収入確認のために提出を求めるケースもあるから。(100%提出しなくても良いわけではない)

まぁ、それでもわざわざ給与明細などを提出しなくて良いのは
かなり楽なので、これはメリットと言えますね。

毎月いくら返せば良いの?

みずほ銀行の返済方式は「残高スライド方式」です。
これは借金残高に応じて、返済額が変わっていく方式のこと。

具体的な最低返済額は以下のように決められています。

借入限度額が200万円以下の場合 借入限度額が200万円以上の場合
利用残高 最低返済額 利用残高 最低返済額
1万円未満 現在の残高 1万円未満 現在の残高
1万円以上50万円以下 1万円 1万円以上100万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円 100万円超200万円以下 2万円
100万円超150万円以下 3万円 200万円超300万円以下 3万円
以降50万円単位の残高で、返済額+1万円 以降100万円単位の残高で、返済額+1万円
950万円超1,000万円以下 20万円 900万円超1,000万円以下 10万円
1,000万円超 21万円 1,000万円超 11万円

つまり、限度額をいくらで契約しているかによって最低返済額も変わるってことです。
実際に返済していくときのイメージはこのような感じ。(70万円の借入/金利14.0%の場合)

返済回数 返済額 利息額 利息額
0回 0円 8,166円 708,166円
1回 20,000円 8,261円 696,427円
2回 20,000円 8,124円 684,551円
3回 20,000円 7,985円 672,536円
・・ ・・ ・・ ・・
16回 20,000円 6,030円 502,977円
17回 20,000円 5,867円 488,844円(←50万円を切る)
18回 10,000円(←変化) 5,702円 484,546円
・・ ・・ ・・ ・・
88回 10,000円 320円 17,850円
89回 10,000円 207円 8,057円(←最低返済額の1万円を切る)
90回 8,057円(←変化) 93円 93円
91回 93円 0円 0円

このように返済が進めば進むほど、毎月の支払額も少なくなるため負担は軽減されます。

ただし、毎月の支払額が少なくなるということは、返済期間が延び、
利息を多く支払わなければいけなくなるということでもあります。

お金に余裕があるときには多めに返すなどして、少しでも返済期間が
短くなるように工夫をすると良いですよ。

みずほ銀行の口座を持っていて、急いでいない人にオススメ!

最終的な結論として、みずほ銀行は決して悪くないサービスです。

が、、、条件としてみずほ銀行の口座が必要であることを考えると、現時点で口座を持っていない人
(特に急ぎでお金が必要な人)にとっては少々使いづらい会社だと思います。

また、みずほ銀行の店舗・支店がある場所というのは地域によって
かなり偏りがある印象があります。(私の実家の愛知や三重は少ない)

そのため、金利や限度額よりも銀行が使いやすい場所にあるのか?ということも踏まえて、
使うかどうかを判断すべきですね。

みずほ銀行カードローンのサービス詳細情報

実質年率 4.0%~14.0%
審査時間 最短即日
お試し審査 ×
担保・保証人 不要
返済方式 残高スライド方式
パート・アルバイト
借入限度額 最大1,000万円
即日融資
申込資格(年齢) 満20歳以上~満66歳未満
遅延利率(実質年率) 20.0%
総量規制 対象外
専業主婦 ×

会社概要

会社名 株式会社みずほ銀行
本社所在地 東京都千代田区大手町1丁目5番5号(
大手町タワー
電話番号 0120-324-555
設立日 2013年7月1日
貸金業者登録番号 関東財務局長(登金) 第6号
指定信用情報機関 ・株式会社日本信用情報機構
・全国銀行個人信用情報センター
・株式会社シー・アイ・シー

困ったらコレを読んで!

これだけは最低知っておこう!

返済について

審査について

知って損はない情報

ヤミ金に引っかかっちゃダメ!

金融会社の詳細情報

管理人アリサについて