1. トップページ
  2. 毎月いくら返済すれば良いの?

毎月いくら返済すれば良いの?

お金を借りることに対する一番の不安として、
「いくら返せば良いのかわからない」ということがあるはず。

安心してください!

実は大手銀行・消費者金融では毎月の最低返済額が決まっています。

つまり、この最低返済額さえ知っていれば、
借りる前の不安は大幅に軽減されるのです。

ここでは毎月の返済額について説明しますので、
どれくらい返せば良いのかイメージを付けてください。

毎月の返済額は決まっているので心配ご無用!

お金を借りるときには会社の選び方以外にも
もう1つ、超重要なことがあります。

それが「返済」。
当然の話ですが、借りたお金は絶対返さなければいけません。

もし、返すことができず、債務整理(自己破産など)をすることになれば、
あなたは社会的信頼を全て失うことになります。

これは決して大げさに言って脅したいわけではありません。

クレジットカードが作れない、住宅ローンや自動車ローンが組めない、裁判所の前に
名前が貼りだされる・・・などの生活を大きく狂わすほどの影響を受けるのです。

ですので、返済については借りる前に必ず考えておくべきなのです。

そんな返済について「ぶっちゃけ、毎月いくら返せば良いの?」
ということをまずは説明していきます。

毎月の最低返済額は会社ごとで決まっている!

消費者金融や銀行の返済方法を調べたことありますか?

ホームページには「残高スライドリボルビン方式」やら「定率リボルビング方式」
といった方法が書かれているんですけど、正直「なんじゃこれ?」って思うのでは?

アリサは頭が悪いので、こんな風に書かれていても
何が何だか、さっぱりわかりませんでした。

で、実際にアリサがお金を返してみての結論は、、、
「毎月決まった金額を返済していけば、何も問題なし!」ってこと。

実は会社ごとで、借りた金額に応じて最低返済額が決められています。

この最低返済額っていうのは
その名の通り「毎月最低これだけは返してね」という金額のこと。
(金融業界では、これを“ミニマムペイント”と呼んでいるみたいです)

では、ここで各社の最低返済額がいくらで設定されているかを調べてみましょう。

会社の最低返済額はこんな感じ!

有名な消費者金融と銀行を中心に最低返済額を調べてみました。

会社名 最低返済額 会社名 最低返済額
プロミス 4,000円~ 三菱東京UFJ銀行カードローン 2,000円~
アコム 借入額の4.2%以上 住信SBIネット銀行ネットローン 10,000円~
アイフル 4,000円~ 三井住友銀行カードローン 10,000円~
ダイレクトワン 4,000円~ イオン銀行カードローン 3,000円~
SMBCモビット 4,000円~ りそな銀行カードローン 10,000円~
ノーローン 2,000円~ じぶん銀行カードローン 1,500円~
オリックスVIPローンカード 10,000円~ セブン銀行カードローン 5,000円~
新生銀行カードローンレイク 3,000円~ ちばぎんカードローン 10,000円~
みずほ銀行カードローン 10,000円~ オリックス銀行カードローン 7,000円~
楽天銀行スーパーローン 3,000円~ ジャパンネット銀行カードローン 3,000円~

この最低返済額っていうのは借りたお金ごとで違っており、
上記で書いたのは一番少ない借入額における最低返済額で統一しました。

ちなみに、厳密には最低返済額も細かな計算方法によって決められています。
具体的な例としてプロミスを紹介すると。

お借入残高 ご返済額 ご返済回数
30万円以下 お借入後残高 × 3.61% (1,000円未満切り上げ) ~36回
30万円超過~100万円以下 お借入後残高 × 2.53% (1,000円未満切り上げ) ~60回
100万円超過 お借入後残高 × 1.99% (1,000円未満切り上げ) ~80回

例えば、5万円借りた時には
5万円×3.61%=1,805円→2,000円(1,000円未満は切り上げ)

10万円借りた時には
10万円×3.61%=3,610円→4,000円(1,000円未満は切り上げ)

というように最低返済額が決まっているそうです。

まぁ、1,000円未満の端数を切り上げるのは、どこの会社も採用してるルールっぽいですけどね。

これも返済が現金引き落としならまだしも、毎回振込をすることになったら、
1,000円未満の端数を振り込むのは面倒ですからね。

このように決められた最低返済額から、どこの会社を選ぶべきなのかも
考えてみるのも大事ですね。

「毎月1万円も返済するのは辛い・・・」という人にとっては会社の選び方を間違える
と返済遅延などのトラブルを引き起こす原因にもなりますからね。要注意です!

最低返済額で返し続けては損をする!?

ここまでの話を聞いたら、
「毎月、最低返済額だけ返せば問題ないんだね~ラッキー♪」って普通思いますよね。

この考え方は間違ってはいないのですが、実はここにも1つだけ落とし穴があります。

というのも、最低返済額で返し続けると、
それだけ返済期間が延び、利息が増えるというデメリットがあるのです。

例えば、プロミスで20万円を借りた場合、

最低返済額(8,000円)の場合→返済総額251,743円(+51,743円)
返済額が19,000円の場合→返済総額219,093円(+19,093円)

51,743-19,093=32,650円

このようにトータルで3万円以上も利息を余分に支払うことになるのです。

当然、借りている金額が大きければ大きいほど、利息は大きくなります。

これは利息が借りたお金にかかる“金利”と“返済期間”によって決まるからです。
(詳しくは→金利を計算して、利息を知る方法

そのため最低返済額で返すというのは、短期的に考えれば楽ですが、
長期的に考えると返済期間が延び、利息を増やしてしまう仕組みになっているということ。

最低返済額で返し続けるか、それとも毎月少しでも多くの金額を返済するかは個人の解釈や、
家計事情によって左右されるので、どちらが良いと言い切るのは難しいです。

ただ「本来は支払わなくても良い金額を支払うなんてアホらしいわ!」と思うのならば、
短期間で返済できるように、少しでも多めに返済するのをオススメします。

今のアリサなら確実に最低返済額以上のお金を返していきますね。

最後に頭を整理しましょ(毎月の返済額のこと)

ここではお金を借りたら、毎月いくら返済をすれば良いのかを説明しました。
押さえておくべきポイントというのは

  • 毎月決まった返済額を返していけば、問題は起こらない
  • 会社ごとに最低返済額というのが存在している
  • 最低返済額は4,000円~10,000円くらいが一般的
  • 最低返済額で返し続けるのは悪くないが、それだけ利息は増えるので要注意

これらのポイントは知っておくと良いですね。
とにかく、お金を借りる前には必ず返すときを想定しながら、お金を借りなければいけません。

無計画でお金を借りるほど、怖いことはないですからね。
・・・はい、これはアリサが身を持って、その怖さを体験してます。

返済額と利息の両方のことを考えながら、返済が滞らないように
しっかりをお金を返していってくださいね。

困ったらコレを読んで!

これだけは最低知っておこう!

返済について

審査について

知って損はない情報

ヤミ金に引っかかっちゃダメ!

金融会社の詳細情報

管理人アリサについて