1. トップページ
  2. 借りてから返すまでの流れ

借りてから返すまでの流れ

初めてお金を借りようと考えている主婦の方は、
申込み後、どのように手続きが進められるかわからないですよね。

しっておくことで大きなメリットはないかもしれませんが、
先が見えないことに申込むことほど不安なことはありません。

そこで、ここでは申込み→審査→契約までの流れを説明することで、
お金を手にするまでのイメージが付けられるようにしていきますね。

お金を借りるときのイメージを付けましょう!

審査に申込んでからお金を借りられるまでの流れがイメージできないと
不安を感じる人もいるのではないでしょうか?

実際にどんな流れで進められるか?っていうと、
以下の4つのステップで進められていきます。

  1. 消費者金融・銀行のホームページから申込みをする
  2. 申込み確認の電話がかかってくる
  3. 審査
  4. 融資&ローンカードが郵送される

それぞれのステップについて簡単に説明します。

1.消費者金融・銀行のホームページから申込みをする

まずはお金を借りるときには消費者金融や銀行のホームページから申込んでください。

昔は電話が主流だったと思いますが、今はインターネット申込みが主流。
(ネット申込みだと無利息期間が付くなどの特典を付けている会社もあります)

あとは無人契約機などでも申込みはできますけど、インターネットの方が時間を選ばずに申し込めるので便利だと思いますね。あとは、無人契約機だとそのまま審査・契約を進めることができますが、必要書類が足りないと出直さなければいけないので、それも面倒だと思います。

実際にインターネットからの申込み画面はこんな感じ。

インターネットの申込み画面

ここで登録する情報は基本的にどの会社も同じ。
氏名、生年月日、職業、収入、保険の種類などを登録することになります。

ちなみに申込み時に嘘の情報を登録してもすぐにバレます。
当然、嘘がばれると審査に落ちますので、変な気は起こさないように。
(入力ミス程度であれば問題ないですけどね)

2.申込み確認の電話がかかってくる

申込み後、しばらくすると消費者金融や銀行から
あなた宛に本人確認のための電話がかかってきます。

これは登録内容に誤りはないか?嘘の申込みでないか?など、
あなたが実在しているかを直接確認するための電話です。ここらへんはアナログですね。

また、このタイミングで他の会社からお金を借りていないかも確認されることもありますが、
ここで「他からは借りていません」と嘘を付いても、個人信用情報もチェックされるので
結局ばれてしまいます。変に嘘を付かないように!

そして、本人確認後には、勤め先にも在籍確認(本当に働いているのか?)の電話が入ります。

周りの人に内緒でお金を借りたい人にとっては、
ある意味、一番ドキドキするタイミングといっても過言ではないですね。

でも、安心してください。

勤務先への電話は、消費者金融や銀行は“架空の個人名”で電話をしてくれます。
そのため、あなたがお金を借りようとしていることは同僚には絶対バレません。

「●●(架空の個人名)ですが××さん(あなたの名前)はいらっしゃいますか?」
という感じで電話がかかってくるだけです。ご安心を。

もし、そのタイミングであなたがいなくても「××さん(あなたの名前)は席を外しています」
と電話を受けた人が応えてくれれば、在籍と見なされるので、仕事でよく外出する人でも
心配いりません。

アリサもはじめは在籍確認の電話が、いつかかってくるのかドキドキしていましたが、
個人名でかけてくれたので全然バレることなく、拍子抜けでしたね。

ただ、たまにお節介な人が「●●って誰なの-?」なんて聞いてくることもあるので、
そのときは「親戚の方」とか「自動車の整備会社の人」とか、適当な嘘で乗り切っちゃいましょう。

3.審査

本人確認の電話が完了したら、いよいよ審査。

「この人にお金を貸しても問題ないか?」「いくらまで貸すか?」「ちゃんと返済はできるのか?」
などが審査されます。

うーん、、、アリサも人に何かを審査されるっていうのは、あまり好きじゃないし、就職するときの
面接も苦手だから避けたいんですけどね。こればっかりは避けることができませんので諦めましょう。

では、この審査ではどんなことがチェックされるのか?
内容としては以下の3つ。

  • 安定した収入があるのか?(年収・勤続年数を参考にして)
  • 返済するだけのお金・資産を持っているか?(持ち家なのかを参考にして)
  • 他の会社からの借入があるのか?(個人信用情報を参考にして)

「他の会社からの借入があるのか?(=既に借金を背負ってないか?)」という部分は、
個人信用情報というあなたが過去に取り扱った金融商品についての履歴をもとに確認されます。

この個人信用情報というのは、
JICCやCICなどの半公営団体である個人信用情報機関が管理。

過去・現在でいくら借りているのか?これまでに返済遅延や債務整理をした
経験がないか?などの情報を調べることができるのです。

「そんな情報いつの間に集められているの?情報漏洩か?」と不安に感じるかもしれませんが、
これらの情報は消費者金融や銀行から提供されており、お金を借りる人は申込み時に情報の確認と
共有を認めるような仕組みになっています。→個人信用情報って何?

そのため、他の会社で借りている状況などは全て筒抜け。
「他の会社から借りていません」と嘘を付いてもバレてしまうのは、これが理由です。

ちなみに審査基準についてオフレコで伝えると、

銀行は審査は厳しいけど金利が安く総量規制の対象外。
消費者金融は総量規制で借りられるお金に制限はあるが、審査は銀行よりは有利。

これが常識です。

というのも、金利や限度額の面だけでは総量規制の対象外である銀行が圧倒的に有利。
消費者金融は銀行と差別化を図るために審査スピードが速いことを売りとしていると
アリサは考えています。(実際にそうだと思う)

もし急ぎでお金が必要な人は消費者金融を。
急ぎではなく金利などを重視してお金を借りたい人は銀行を選ぶべきです。

まぁ、専業主婦は銀行でしかお金は借りられませんけどね。。。

4.融資&ローンカードが郵送される

審査に通過するとお金を手に入れることができます。
方法としては以下の2通り。

  1. 指定の銀行口座に振り込んでもらう
  2. 発行されるローンカードからATMでお金を引き出す

ローンカードは消費者金融なら無人契約機、銀行ならテレビ窓口で契約を
済ませない限り後日発送となるため、お金を手に入れるのが少し先になってしまいます。

そのため多くの人が最初は指定の銀行口座にお金を振込んでもらうのが主流。
(後日ローンカードも届くので、それ以降はカードを使って引き出せばOK)

ちなみにローンカードを郵送してもらう場合、申込時に登録した住所にカードが送られてきますが、
当然家族にはばれないようにカモフラージュされて届くので、家族バレが起こる可能性は、
まずありえません。

そして、本当に本当に急いでいる人や、郵送物の到着も嫌だ!という人は
無人契約機やテレビ窓口でローンカードを受け取ってください。

無人契約機は基本的には24時間営業、銀行のテレビ窓口は大体20時くらいまでは
営業しているので仕事帰りに利用することも十分可能です。

ポイントは事前にインターネットで申込みを済ませておくこと。

そうすることで無人契約機に持っていかないといけない必要資料もわかりますし、
短時間で契約を済ませられるのでオススメです。

以上がお金を借りるまでの流れになります。

一度審査に通過すると、以後、ローンカードを利用すれば 融資枠内までのお金を自由に
借りることができます。

トータルで融資枠を超える借入を希望する場合には再審査を受ける必要がありますが、
それ以外では審査を受ける必要もなく、何度でもお金を引き出すことができるのです。

もちろん、融資枠があってもお金を借りていなければ、
利息を支払う必要がないため、融資枠を解約する人は少ないようです。

はっきり言って、これはめちゃくちゃ便利。
だって、お金に困ったらいつでもお金を借りられるわけですから。

でも、便利な反面、簡単にお金を手に入れることができるので、
「足りなくなったら借りる」という悪い習慣が身についてしまうこともあります。

するとドンドンお金を借りることに対して抵抗がなくなり、本当は節約すれば
お金は工面できるにも関わらず、躊躇なくお金を借りてしまう人も出てくるそうです。

私もお金を借りていた経験があるので、気持ちはわかりますが、ここで自分に厳しくしないと、
お金を貯めてまともな生活を送ることはできなくなります。

ローンカードは非常に便利なアイテムではありますが、
利用するときにはくれぐれも慎重に扱うようにしてください。

最後に整理しましょ(お金を借りるまでの流れを知る)

初めてお金を借りる人のために、どのような流れで借りればよいのかを説明していきました。

  • 申込みはインターネットからが主流(会社によっては特典あり)
  • 本人確認、在籍確認のための電話が入る
  • 在籍確認では本人とばれないようにカモフラージュして電話がかかってくる
  • 審査ではあなたがお金を貸すに値する人かがジャッジされる
  • 審査に通過できたら、お金を指定の口座に振り込んでもらおう
  • 後日ローンカードが届くが、これもどこの会社からかわからないように
    カモフラージュされているので家族バレの心配なし!

以上がお金を借りるまでの流れで知っておいて欲しいことですね。

次は、この流れを把握した上で、急ぎでお金を借りたいときに
どういう行動を取るべきなのか?を説明したいと思います。

NEXT STEP→今日すぐにお金を借りたいときの秘策

困ったらコレを読んで!

これだけは最低知っておこう!

返済について

審査について

知って損はない情報

ヤミ金に引っかかっちゃダメ!

金融会社の詳細情報

管理人アリサについて