1. トップページ
  2. どんなことが審査されているの?

どんなことが審査されているの?

消費者金融・銀行からお金を借りるには審査に通過するのが条件。
では、この審査では何がチェックされているのか?

実は審査では、

  • あなたに返済能力があるのか?
  • お金を貸すに信頼できる人なのか?

ということがチェックされているのです。

では、具体的にどのようなポイントで評価され、
審査に通過できるか否かが決まるかを説明していきます。

審査内容を知ることで、審査に通過しやすくなる、、、
とは言い切れませんが、知識として押さえておいてください。

金融会社はあなたの返済能力を見ている!

審査で一番重視されているポイントは
「こいつに貸したお金を返す力があるのか?」ということ。

というのも金融会社は貸したお金が戻ってこないのを
何としてでも避けたいと考えています。

どれだけ利息で利益を上げていても、貸したお金が戻ってこなかったら、
それはそのまま損失となるため、かなり大きなダメージとなるのです。

では、具体的にどんなポイントで審査しているのか?
これは大きく3つに分けることができます。

  • 社会的に信頼できる人物であるか?(実在しているか?)
  • 安定した収入を得ているか?
  • 過去に何かしらのトラブルを起こしていないか?

この3つを少しわかりやすく書いていきます。

社会的に信頼できる人物であるか?(実在しているか?)

まず最低条件として、あなたが社会的に信頼できる人なのかがチェックされます。

氏名、住所、電話番号、勤務先、住宅、保険についての情報などの
個人情報がそれに該当しますね。

また、ホームページからの申込み時に登録した情報だけではなく、あなたや勤務先に直接電話をかけ、
登録した情報が嘘でないか?本当に実在しているのか?働いているのか?も確認されるます。

安定した収入を得ているか?

次にお金を貸すときに大事なポイントとなる収入について。

大前提として安定した収入を得ているかがチェックされます。
収入がなければ、返済できませんから当然と言えば当然ですね。

このときにポイントとなるのが雇用形態です。

雇用形態の区分としてはこんなランク付けがされているそうです。
正社員>派遣社員>パート・アルバイト>個人事業主>専業主婦>無職(独身)

一番審査に通過しやすいのは正社員。
大手企業に長年勤めている人であれば、よっぽどのことがない限り審査には落ちません。

また、主婦の方の中にはパートやアルバイトの方もいると思いますが、
その場合は勤続年数が重視されます。

というのも、パートやアルバイトを初めて1~2か月しか経っていない人は
収入が安定しているとは言えず、すぐに仕事を辞めてしまう可能性もあるからです。

さらにいえば専業主婦の方は、基本的に収入がゼロのため、
金融会社からの評価は最低
です。まぁ、収入がないのでしょうがないですね。

そのため「専業主婦でも借り入れOK」という銀行、例えば楽天スーパー銀行カードローンなど、
限られた会社の審査にしか通過できないことを覚えておくべきです。

過去に何かしらのトラブルを起こしていないか?

最後にあなたにお金を貸しても、問題なく返してくれるのかを
過去の貸し借りの経歴をもとに審査されます。

具体的に言えば、これまでに返済遅延や債務整理をしていないか?ってこと。
こうした問題を起こしていると高い確率で審査に落ちてしまいます。

「じゃあ、黙っていればバレないんじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、
残念なことに過去の経歴は隠すことができません。

というのも、過去の経歴は“個人信用情報”でチェックされます。

個人信用情報は、国から委託された半公的な組織である個人信用情報機関によって
管理されており、そこにはこれまでの金融商品の取り扱い履歴が記録されています。

金融会社はお互いに情報を共有し合うことで、この信用情報を取り寄せ、
過去にトラブルを起こしていないかを調べることができるようになっているのです。

わかりやすく言えば、例えばアコムで返済遅延を起こしたという情報を
プロミスやみずほ銀行も知ることができるってことです。

ここで引っかかってしまう人は、他のほとんどの会社の審査でも落ちるため、
お金を借りているときには返済遅延や債務整理などの問題を起こさないようにする
必要があるといえますね。気を付けてください。

以上の3つのポイントが審査でチェックされている内容になります。

申込みブラックという罠にも気をつけろ!

先ほど紹介した3つのポイント以外に、もう1つ気を付けて欲しいことがあります。
それが「申込みブラック」です。

これは短期間で3社以上の会社に申込んで来た人
お金を貸すべきではないという金融業界にある暗黙のルール。

まぁ、法律として決められたルールではないので、例外もあるようですが、
多くの会社がこのルールを適応させているので注意が必要です。

では、どうして短期間に3社以上の会社に申込んではいけないのか?

それは、、、短期間で複数の会社に申込みをしている人は、
借り回しをしている可能性が高いからです。

借り回しっていうのは、A社から借りたお金をB社の返済に充て、
B社から借りたお金をC社の返済に充てる・・・ようは自転車操業ってやつです。

このようにお金を次々と横流しする人を金融会社は嫌います!

もちろん、本来であれば「短期間で複数社に申込んでいる=借り回しをしている」
とは判断できないのですが、過去に返済トラブルを引き起こした人などの統計から、
ルールができたのでしょう。

そのため、仮にあなたに返済能力があったとしても、申込みブラックとなる行動を
取ると審査に落ちる可能性が急激に上昇するので十分気を付けてくださいね。

最後に整理しましょ(どんなことが審査をされているのか?)

ここではお金を借りるためには、絶対通過しなければいけない
審査内容について紹介しました。

  • 審査では、あなたに返済能力があるのかをチェックしている
  • 実存しない人は審査に通過するわけがないので、嘘の情報を登録しても無駄
  • 安定した収入を得ていなければ審査には通過できない
  • 過去に返済遅延や債務整理をしていても審査には通らない
  • 問題がない人でも、短期間で3社以上に申込む(申込みブラック)と審査に落ちてしまう

これらのポイントは必ず押さえておいた方が良いですよ。

正直、「消費者金融や銀行はお金を貸した時の利息で儲けるのだから、
誰でも審査に通過させろよ!」って思うこともあります。

ですが、会社側としては、お金を借りた人全員が返済遅延や債務整理をされると
会社が潰れてしまうので、そのリスクを少しでも軽減したいという本音があります。

少しでも審査に通過するために、会社側の気持ちも理解しておくのは
重要なことと言えるかもしれませんね。

困ったらコレを読んで!

これだけは最低知っておこう!

返済について

審査について

知って損はない情報

ヤミ金に引っかかっちゃダメ!

金融会社の詳細情報

管理人アリサについて