1. トップページ
  2. 総量規制の例外と除外

総量規制の例外と除外

総量規制とは、収入に応じて借りられるお金に制限を設けたルールのこと。

このルールはお金を借りるときに全て適応されるか?
というと、そのようなことはありません!

実は総量規制にも「除外・例外」対象となるケースがあります。

つまり、上限関係なくお金を借りることができるのです。

では、どのようなときに除外・例外が認められるのか?
その条件について詳しく説明します。

何でも総量規制のルールが適応されるわけではない!

消費者金融などでお金を借りるときには総量規制という
年収の1/3までしか借りられないという制限が適応されます。
(詳しくはこちら→総量規制というルールを知っておこう

ですが、この総量規制にも除外と例外というものが存在します。
除外と例外となる項目を書くと以下のようになります。

除外対象となる項目

総量規制の対象外。貸付残高にも含まれません。(=借金としてカウントされない)

  • 動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む)
  • 自動車購入時の自動車担保貸付け
  • 高額療養費の貸付け
  • 有価証券担保貸付け
  • 不動産担保貸付け
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
  • 手形(融通手形を除く)の割引
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け

例外対象となる項目

総量規制の対象外だか、貸付残高には含まれます。
そのため年収の1/3を超える場合でも、返済能力が認められればお金を借りられます。

  • 顧客に一方的有利となる借換え
  • 緊急の医療費の貸付け
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
  • 個人事業者に対する貸付け
  • 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け

これだけ読んでも何が何だかさっぱりわかりませんよね(笑)
そこで、この中でも特に生活に関係してくる項目について説明をしていきます。

住宅ローンや自動車ローンは除外

利用する人が多いのが住宅や自動車などの各種ローンですね。
これが規制の対象であれば、ほとんどの人が高価なものを購入できなくなります。

また、各種ローンは借金の一部とも考えられないため、ローンを組んでいても、
年収の1/3までしか借りられないというルールには引っかからないのです。

しかし、ローンを組むのではなく、車や家を購入するために消費者金融から
お金を借りると借金としてカウントされますので要注意。

高額な商品を購入する場合は、お金を借りて購入するよりも、
ローンを組む方が賢いと覚えておくと良いですね。

医療関係で使用するためのお金は例外

ご自身や家族が入院してしまい、どうしても入院代を工面しなければ
いけないというときに銀行から融資を受ける、、この場合は例外となります。

こうした医療に関する緊急的な状況においては、
総量規制の対象外としてくれるのです。

鬼の目にも涙、、、というわけじゃないんでしょうけど。
この辺りは柔軟かつ良心的にお金を貸してくれるわけです。

もちろん、借りる会社によって、規制対象外かの判断は違うため、
お金を借りる前には事前に電話で確認をしておけば安心ですね。

おまとめローンも例外となります

複数の会社の借金を1つにまとめることができる「おまとめローン」。
これも総量規制の例外となります。

例外の中に含まれている「顧客に一方的に有利となる借換え」という
項目がそれに該当します。

おまとめローンには利用するためにいくつかの条件があり、

・借入額の合計で金利を再設定し、月々の返済額を決める
これまで適応されていた金利が、そのまま適応されるのではなく、
まとめた借金の総額で金利を再設定することになる。

・追加でお金を貸したり、新たな保証人を立てない
おまとめローンを利用している期間は、追加でお金を借りることができません。
新規の借入れは完済するまでできないのです。

おまとめローンを提供している会社はこの2つの条件を満たすことで、
顧客(お金を借りる人)を一方的に有利な立場を生み出し、規制対象外としているのです。

個人の借入でも事業資金としてなら例外

そもそも総量規制というのは個人向け融資におけるルールです。
そのため、事業用にお金を借りる場合は規制対象外となります。

これは普通の会社だけでなく、
個人事業主が事業用にお金を借りる場合でも一緒。

とはいえ、お金を借りる時には事業計画書などの提出が求められ、
会社(事業)として、返済能力があるのかは厳しくチェックされます。

そもそも個人事業主がお金を借りるのは、かなりハードルが高いので、
審査に通過するには、かなり見通しが良い事業でなければ厳しいかもしれません。

銀行は総量規制の対象外だから、関係なし!

最後に、、、既に知っている人もいるかもしれませんが、
銀行は総量規制の対象外になっています。

というのも、銀行は銀行法というルールで運営されいるため、
貸金業法のルールである総量規制は関係ないのです。(なんかずるい話だけど)

そのため、銀行であれば年収の1/3以上のお金も貸してくれますし、
専業主婦でも借入れを認めているところもあります。

ただし、銀行の審査は消費者金融よりも厳しいです。
簡単には審査に通過できないと考えておくべきです。

逆に言えば消費者金融は審査の難易度やスピードを、銀行よりも好条件にすることで
銀行だけにお客さんが流れないように工夫をしています。

ですので「安定した収入がある人で、審査の難易度やスピードを優先するのであれば、
消費者金融を選ぶべきですし、収入がゼロの専業主婦であれば銀行を選ぶ」といった
お金を借りる会社の選び方をしないといけませんね。

最後に整理しましょ(総量規制の対象外となる事例)

このページでは総量規制の除外と例外について説明しました。

  • 住宅ローンや自動車ローンなどの各種ローンには例外がある
  • 緊急な病気などでお金が必要な場合は除外
  • おまとめローンも原則除外となる
  • 個人事業主が事業用に借りるのも除外
  • そもそも銀行は総量規制の対象外になる

総量規制によって、借りられる金額に制限ができたといっても、
それに住宅ローンや自動車ローンが組めなくなるわけではありません。

生活に支障がでないようにルールが作られており、あくまでもこの法令は
お金の借り過ぎを止めるためのものであることがよくわかります。

とはいえ、何が規制に引っ掛かるか個人で考えるのにも限界はありますので、
「こういう場合はどうなんだろう?」と気になったら、金融庁に確認を取るのがベスト。

やっぱり、こうした金融のルールは難しい!
そんなことを調べながら思いました。

困ったらコレを読んで!

これだけは最低知っておこう!

返済について

審査について

知って損はない情報

ヤミ金に引っかかっちゃダメ!

金融会社の詳細情報

管理人アリサについて