1. トップページ
  2. 怖い人は家に押しかけてこない?

怖い人は家に押しかけてこない?

お金を借りるときに怖い思いをするのではないか?
と不安に感じている人・・・ご安心ください。

怖い人が押しかけてくることは、まずあり得ません!

ここでは金融業界で決められた借金回収についてのルールを
中心に怖い取り立てをされない理由について説明をします。

お金を借りると怖い人が来る・・・そんなことはありません!

「返済が1日でも遅れたら、怖いお兄さんが怒鳴り込んでくるんじゃないの?」
「サイドバックを守ったパンチパーマの人が、トイチで利息を回収しに来るの?」
「お金を返せなくなると、ソープに沈められたり、旦那がマグロ漁船に乗るの?」

・・・こんなイメージを持っていませんか?

いやいや、ないない(笑)

普通に信頼できる消費者金融や銀行からお金を借りれば、
こうした怖い思いをすることは120%ありません。

そんなことがあったら、有名な会社はすぐにテレビなどで取り上げられ、
あっという間に摘発されます。おそらく、会社は潰れます。

でも、過去にアイフルや武富士が似たような不祥事を犯したり、ナニワ金融道のような
Vシネのイメージで、お金を借りることに恐怖を感じている人もいるはずです。

では、なぜ「ない」と言いきれるのか?
その理由について書いていきますね。

自宅を訪れての取り立ては禁止されている

そもそも債権回収(借金の回収のこと)は貸金業法によってルールが決められています。

貸金業法 第二十一条「取立て行為の規制」
CIC

ポイントとしては、

・金融会社やお金の回収を依頼された会社は人を脅したり、生活や仕事の邪魔をしてはいけない

脅迫禁止。また、近所で大声を上げたり、チラシなどを家に貼るなどは
全て生活の邪魔になる行為とみなされます。

・常識的に不当な時間帯に自宅に押し掛けたり、電話をしてはいけない

早朝や深夜帯など迷惑がかかる時間でのアプローチは禁止。

・自宅に来たり、電話をするのはお金を借りた人が指定した時間のみ

指定した時間以外で勝手に押しかけたり、何度も電話しちゃあいけないってこと。

・返済している人に仕事などを斡旋してはいけない

ソープに沈めたり、マグロ漁船に乗せることを共有するのはなし!

・親族などお金を借りている人以外に返済を要求してはいけない

勝手に家族に接触をするのも違法行為

・債務整理の連絡が来たら、返済の要求をしてはいけない

債務整理をすることを取り消すことを求めるのはできない

こんな感じですね。

つまり、、、脅迫まがいの取り立ててというのは、全て違法行為!
万が一これに反することがあれば、速攻で警察に連絡をしましょう!

ただし・・・これは普通の会社の場合の話。
貸金業法に縛られていない会社。特にヤミ金には関係ありません。

ヤミ金はあの手この手を使って、あなたを追いこんでくるのですが・・・

家に押しかけてお金を取り立てるのは古い!?

普通は怖いお兄さんが借金の回収をすることはないのですが、
ヤミ金からお金を借りた場合は話は別。

ルールに縛られないヤミ金は、返済できない人に強烈なプレッシャーをかけてきます。
が・・・自宅に押し掛けることは、ほぼありません。

というのも、最近はヤミ金の借金回収の主流は電話らしいです。
とにかくバンバン電話をかけてきて、強烈なプレッシャーをかけてくるそうです。

また、あなただけでなく両親や兄弟、会社、友人にも電話をかけ、周りから追い込んでいく・・・

自分だけならまだしも周りの人にアプローチを掛けると
多くの人が心を折られ、ヤミ金の要求に応じてしまうのでしょう。

では、どうして電話を使うのか?
これは、、、脅したり、暴力を振るうとすぐに警察に通報されるからでしょう。

また、直接自宅や会社に押しかけるよりも
電話でプレッシャーを変えた方がはるかに効率が良いですからね。

リスクを負うことなく不当な利息でお金を巻き上げる。。。なんというずる賢さ・・・

噂では、電話でプレッシャーをかけることで、
心が折れやすい人にだけお金を貸しているという話も・・・

電話での口調もソフトな会社が多い!?

ちなみに、ヤミ金が電話でプレッシャーをかける時も
ソフトな口調で話しかけてくることが多いそうです。

っていうのも、最近の携帯電話は簡単に録音することできますからね。

「こら!お前、金返さなきゃ、ころ○ぞ!」
「家族がどうなってもしらねーからな」
「そこで住まわせなくしてやる!」

などの脅迫した音声が残った瞬間に、ヤミ金は一瞬で不利な立場になります。

録音した音声を警察に持っていけば、
相手を脅迫罪で逮捕してもらうこともできますからね。

こうしたリスクはヤミ金も理解をしているため、
脅迫にはならないようなフレーズであなたを追い込んでいくのです。

「ご自宅の方にお伺いして、ご家族と一緒にお話ししましょうか」
「会社まで行きますので、上司の方と今後について話しましょう」
「旦那さんに相談させてもらっても良いですか?」

など脅迫とは感じさせないソフトな口調で
あなたに遠まわしにプレッシャーをかけてきます。

ただ、こうしたソフトな口調でもあなたにとって
脅迫だと感じたら、警察に通報することはできます。

ですので、ヤミ金からの電話に対しては、
常に録音しておくと自分の身を守るのに役立つはずですよ。

結論、、、ヤミ金だけは甘くみるな!

万が一、ヤミ金からお金を借りた場合でも、脅迫まがいの取り立ては
違法行為であることを理解しておけば、何も問題ありません。

が・・・だからと言って、ヤミ金からお金を借りても良いっていう話ではありません。

これはあくまでも法律的な話にすぎません。

ヤミ金から借りたお金を返せなかった場合、
最終的にどうなるかはアリサもわかりません。

現実では信じられないような行為をして、あなたが訴える間もなく
どこかに連れ去らわれる・・・そんな恐ろしいことだった考えられます。

「別に法律に守ってもらえば問題ないっしょ~」
などと、軽い気持ちでヤミ金を使ってしまうと、あとで後悔するのはあなたです。

一番良いのは、怖い取り立てなんて関係ない
普通の消費者金融や銀行のカードローンを利用すること。

自分から厄介ごとに手を突っ込むことがないようにしてください!

最後に整理しましょ(怖いお兄さんは来ないが・・・)

ここではお金を借りることで脅迫を受けたり、生活に支障が出ないか?
ということについて説明をしました。

  • 普通の消費者金融や銀行は取り立ては禁止されている
  • 生活や仕事の邪魔になる行為も禁止!
  • ただし、ヤミ金だけは話が別!法律は関係ない!
  • 最近のヤミ金の主流は電話でプレッシャーをかけること
  • 自分で身を守るためには電話の会話記録を常に録音しておくこと
  • ヤミ金は絶対利用するべきではない!

万が一、違法行為があった場合には恐れることなく、
すぐにでも警察に通報して、自分の身を守るようにしてください。

ここで泣き寝入りをしてしまうのは危険です。
あなたの人生を棒に振る可能性だって大いにあります。

・・・と、ここまで書きましたが、大事なポイントは
普通に大手の会社からお金を借りる分には怖い思いはしないということ。

安全な会社からお金を借りるようにしてくださいね!

困ったらコレを読んで!

これだけは最低知っておこう!

返済について

審査について

知って損はない情報

ヤミ金に引っかかっちゃダメ!

金融会社の詳細情報

管理人アリサについて